未分類

猫のアレルギー

2017.04.19
/ / /
Comments Closed

ネコちゃんも人間と同じようにアレルギーがあります。そして一度アレルギーになってしまうと、なかなか改善に時間がかかることに。アレルギーは毎日の積み重ねで、体が悲鳴を上げている症状と考えられます。悲鳴をあげる前に予防をすることで、アレルギー発症を抑えることも。だからこそ食べ物は重要なのです。

もともとネコちゃんは肉食動物なので野菜や穀物、乳製品などが含まれているキャットフードを毎日食べることはアレルギーの発症リスクがとても高くなります。そのため毎日食べるキャットフードこそ、これらの成分には注意が重要。しかしそれだけではなく今は添加物がとても多いキャットフードが多く出回り、価格的にも安価のため人気がありますが、ネコちゃんのアレルギーを考えると注意が必要です。

酸化防止剤や防腐剤などの大量投与によって、薬物によるアレルギーを起こすリスクも高くなります。これは人間の世界でも注意が必要ですが、人間の場合はある程度法律的にも添加物の種類や量に決まりがあります。でもネコちゃんなどのペットフードの世界では、あんなに小さい体が摂取するものであっても、その規定はとても甘いものに。だからこそ安全な成分に徹したキャットフードを選ぶことが大切なのです。

Pocket

キャットフードの魅力

2017.04.18
/ / /
Comments Closed

キャットフードの大きな魅力の一つとして、ネコちゃんの健康を整えるということがあります。例えば体調がいまいちというときに、もちろん病院に行くことも大切ですが、毎日のキャットフードによって改善できることもあるはず。これはドッグフードなど、いろいろなペットフードに言えることかも知れません。逆に言うと質の悪いキャットフードを毎日続けることで、ネコちゃんの体調を壊すことにもつながるということにもなります。

例えばネコちゃんは穀物や乳製品でアレルギーになることが多いと言われており、これらが配合されているキャットフードは避けたいもの。もともと肉食動物なのに穀類が配合されているのも人間のエゴを感じてしまいます。グレインフリーの徹底したキャットフードはアレルギー予防、アレルギーの改善におすすめです。

また下痢などの便が問題の多いネコちゃんの場合は胃腸が弱いタイプです。消化の悪い野菜、植物、穀類のキャットフードはやはり避けたいもの。そしてネコちゃんでも肥満は大きな病気の原因となりますが、穀類などはどうしても肥満にもつながります。そして砂糖を使用した味付けに頼ったキャットフードも避けたいものです。虫歯などシニアになったときに後悔してしまうことに。ネコちゃんのことを本当に考えたキャットフードを与えることこそ、ネコちゃんの健康につながるはずです。

Pocket

猫のためのペットフード

2017.04.17
/ / /
Comments Closed

ネコちゃんのためのペットフードについて考えてみましょう。まずネコちゃんの毎日は食べること、遊ぶこと、寝ること、そしてたまに甘えることが重要です。その中でも食べることはとても大切な部分を占めていると考えられています。そのためネコちゃんにとっておいしく、栄養のあるキャットフードであることはとても大切。そして飼い猫の場合、99.9%は自分で餌を取ってくるという生き方をしていません。つまり飼い主が選んだキャットフードを食べるだけ。だからこそ、ネコちゃんの餌はしっかり考えてあげることが大切なのです。

キャットフードを選ぶときには、やはりその内容が重要です。価格はピンキリですが、どうしても安価なものはそれなりにいろいろな成分が含まれているという不安も。まず長期間保存できるように大量の酸化防止剤などが使われています。酸化防止剤などはBHA、BHT、エトキシキンなどが大手メーカーでも使われている場合がありますが、これらはとても危険性の高いものです。人間には当然禁止されているものですが、キャットフードではまだまだ使用されているものもあります。

また人間の肉市場には出回ることのないような、怪しい部分がたくさん含まれているものも。他にも古い油や農薬の多い野菜、抗生剤の大量投与の家畜の肉など恐ろしいものが使用されている商品もたくさんあるのが現状。そのため人間が食べても安心できる成分からできているキャットフードを選ぶことがベストであり、キャットフードをはじめペットフード選びは簡単に価格だけで決めることだけは避けたいものです。

Pocket